エステの脱毛は全身の産毛にも効果がある?

エステの脱毛は全身の産毛にも効果がある?
一昔前はエステで全身脱毛というと、とても高額で、しかも結構な痛みを伴うものでした。
最近では、費用もぐっと安くなり、支払い方法も多様で、誰でも手軽にスタートできるようになったため、脱毛をする人の数は順調に増えてきているようです。

1箇所脱毛をし始めると、あまりの快適さに、どんどん別の場所の脱毛をしたくなり、結局、全身脱毛を開始する人も多いようです。

目立つ毛がなくなるにつれて、今度は顔やうなじ、背中などにうっすらと生える産毛までも気になってきます。

脱毛について興味のある人は、「産毛は脱毛の効果が出にくい」って聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

今回はそんな噂について調べてみましたので、参考にしてみてください。

エステ脱毛の種類について

まず、脱毛の種類について見てみたいと思います。
脱毛には、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3種類があります。
一般的に、エステでの脱毛に使われるのは光脱毛です。

以下のような様々な種類、呼び方がありますが、基本的に構造は同じで、安全性の高い光を使った脱毛方法です。

・IPL脱毛
・フラッシュ脱毛
・プラズマ脱毛
・SSC脱毛

この光脱毛は、毛の黒い色(メラニン)に反応させて、熱エネルギーで毛根にダメージを与えていく方法です。
ですから、自分の肌より黒く見える産毛は、たとえ細い毛でも脱毛が可能と言うことができます。

しかし、透明産毛、色がかなり薄い産毛は光脱毛の効果が残念ながら低いと言われています。
ご自身の気になる産毛、お肌の色と比べてどうでしょうか?

産毛の脱毛、必要な回数は?

上で、光脱毛はメラニンに反応させて、熱エネルギーで毛根を破壊する方法ということがわかったのですが、実はメラニンの量によって、毛根に届く熱エネルギーが異なります。

濃くて太い、しっかりとした毛であれば、メラニンの量も多く、熱エネルギーはしっかりと毛根に伝わるのですが、産毛の場合、たとえ黒い色のついた産毛であっても、メラニンが薄いため、熱エネルギーは毛根まで届きにくいということが言えます。

熱エネルギーが弱く、毛根が破壊されなかった場合は、その毛根からまた毛が生えてきてしまいます。
単純には、照射回数を増やすか、光脱毛の照射パワーを上げることが解決法になるのですが、パワーを上げると肌への負担も大きくなり、痛みを伴うため、根気良く回数をこなすほうが安全と言えます。

では、産毛の脱毛に必要とされる施術の回数はだいたいどのくらいなのでしょうか?
通常、エステの脱毛で、ひざ下やワキなど、比較的しっかりした毛が生えている状態からつるつる肌を目指す場合、目安は以下のように言われています。

<普通のムダ毛の脱毛回数>
・脱毛施術6回  約50%・・・まだいくらか太い毛が残っている
・脱毛施術12回 約80%・・・太い毛はほとんど気にならない
・脱毛施術18回 約95%・・・産毛も気にならない

12回までの施術で、太い毛も産毛のような細い状態になり、さらに18回まで回数をこなせば、ほぼツルツルな状態に持っていけるということです。

個人差はありますが、エステでの光脱毛の施術を12回~20回程度、根気良く受ければ、産毛も気にならない状態になることは可能です。

透明や色の薄い全身の産毛はどうすればいい?

色が黒い産毛は回数はかかるものの、エステでの脱毛が可能ですが、上で述べたように、透明の産毛や色がかなり薄い産毛の場合は光脱毛では処理しきれません。
これは、クリニックで行われるような医療レーザー脱毛でも同様です。

では、そのような産毛をなんとかしたい場合、どうすればいいのでしょうか?

産毛の脱毛には「ニードル脱毛」

産毛の脱毛には「ニードル脱毛」が効果あり!です。

ニードル脱毛は毛穴に針を差し込んで電気を流して、毛母細胞を破壊する脱毛方法です。
毛穴1つ1つの処理を行う必要があるため、費用も時間もかかります。
針を刺す際にチクっとした痛みを伴いますが、産毛のような細い毛は、比較的簡単に処理できると言われています。

一昔前は、脱毛と言えば、ニードル脱毛が一般的だったのですが、光脱毛やレーザー脱毛が出てきてからは、基本的にニードル脱毛を選択するメリットはなく、よほどの理由がない限りは選ぶ必要もありません。

しかし、今回のように産毛の脱毛であったり、ほくろや色素沈着した箇所に生えている毛など、光脱毛やレーザー脱毛をあてることができない箇所などには非常に有効な手段であると言えます。

産毛脱毛のメリット

パッと見ただけでは、多少の産毛が残っていてもわからないと思いますが、根気良く施術を受けて、つるつる状態になった場合、自己処理が不要になること以外にも、以下のような嬉しいメリットがあります。

・肌の色がワントーン明るくなる
・顔の産毛を脱毛すると化粧のノリが良くなる
・ニキビなどの肌トラブルを避けられる
・背中の産毛を脱毛すると、背中の開いたドレスなど着るもの選びに困らない

産毛脱毛の費用について

最近ではローンを組むことなく、月々定額で安く通える全身脱毛サロンもありますが、期間が長くなればそれに比例して支払う費用も高くなります。

例えば、エタラビで全身脱毛月額9,500円というコースがあります。
安くて手軽に全身脱毛をスタートすることができるのですが、良く調べてみると、月額制だと月2回、2ヶ月間で4回通って、ようやく全身脱毛1回分が消化できます。

つまり、全身脱毛20回をこなそうと思うと、80回通う必要があり、期間40ヶ月×9,500円=380,000円、
そこから1か月分が無料となるため、支払総額370,500円となります。

満足いかずに通えば通うほど、加算されていきます。

同じ月額制の全身脱毛と言っていても、実はローンの形を取っている脱毛サロンもあります。
銀座カラーの月9,900円のプレミアムファストパスというコースは、総額を36回の分割で支払った場合の金額ですので、月額9,900円×36回=356,400円、
そこから最初の2ヶ月が無料になるので、支払総額336,600円です。

銀座カラーでは、総額以上を支払う必要はなく、満足できるまで何度でも通えます。
しかも、このコースであれば1回で全身の脱毛が行われますし、早く回数をこなすことができます。

※いずれもデータやキャンペーンは2015年12月のもの。

ある程度の脱毛でいいのであれば、月額制は非常に魅力的な全身脱毛コースですが、つるつるを目指す場合は無制限に通えて、支払上限のある全身脱毛コースのほうが結局は安く済むこともありますし、安心して通うことができます。

目先の費用に惑わされず、目的に応じてプランを選ぶ必要があるため、事前にしっかりとリサーチを行う必要があります。

全身の産毛の脱毛「まとめ」

産毛の脱毛について、おわかり頂けましたか?
産毛まで処理をしてつるつるにしたい場合は、それなりに回数がかかります。
期間が長期に渡ることを想定し、自分が通いやすいサロンで、回数にも余裕のあるプランを選ぶようにしましょう!

このページの先頭へ