聖心美容クリニックに全身脱毛プランは無い!セレブ脱毛希望女子向け?

聖心美容クリニックに全身脱毛プランは無い!セレブ脱毛希望女子向け?
聖心美容クリニックの全身脱毛はいろんな意味で驚きです。
まず、全身脱毛のコース設定がないんです。

部分脱毛の料金はしっかり掲載されていたので、全身脱毛プランについて電話で確認したところ、ハッキリと全身脱毛プランはありませんと回答がありました。

部分脱毛の組み合わせで全身脱毛していくので費用は本気で高額です。
そのため、聖心美容クリニックでの全身脱毛はおすすめではありません。

費用面以外でも気になることがいくつかありましたので、聖心美容クリニックの良いところとマイナスなところをご紹介します。

聖心美容クリニックの全身脱毛の料金

聖心美容クリニックには全身脱毛というプランがありませんので、部分脱毛の組み合わせで全身を脱毛することになります。
そのため、価格はかなり割高で、他のクリニックの数倍お高くなります・・・。

顔脱毛を含めた組み合わせと、含めない組み合わせの1回・5回の総額はこちらになります。

★顔脱毛を含めない全身脱毛料金

回数 料金(税込)
1回 319,680円
5回 1,438,560円

★顔脱毛を含めた全身脱毛料金

回数 料金(税込)
1回 371,520円
5回 1,671,840円

どういう内訳になっているのか、表にしてみました。
ボディ1~4はパーツごとに料金が分かれていて、記載している金額は1パーツ分の料金です。

★聖心美容クリニック 1回あたりの料金

脱毛部位 1回あたりの金額(税込)
8,640円×5パーツ分
ハイジニーナ 38,880円
ボディ1 8,640円×7パーツ分
ボディ2 12,960円×6パーツ分
ボディ3 16,200円×4パーツ分
ボディ4 19,440円×4パーツ分

★聖心美容クリニック 5回コースの料金

脱毛部位 5回コースの金額(税込)
38,880円×5パーツ分
ハイジニーナ 174,960円
ボディ1 38,880円×7パーツ分
ボディ2 58,320円×6パーツ分
ボディ3 72,900円×4パーツ分
ボディ4 87,480円×4パーツ分

組み合わせによる割り引きなどは無いそうなので、この金額がまるごとかかってしまうことになります。
価格が高い医療レーザー脱毛クリニックは他にもあるのですが、聖心美容クリニックの全身脱毛は価格が高すぎて、検討する余地も無いって感じです。
価格面では、聖心美容クリニックでの全身脱毛はオススメできない結果となりました。

支払方法

お支払い方法は現金一括払い・クレジットカード・医療ローンになります。
クレジットカードでの分割払いはできないので、一括払いかボーナス払いとなります。

分割払いは医療ローンになります。最高60回まで分割ができて、実質年利は9.9%~12%です。クレジットカードよりは利息が安いので、医療ローンが利用できるのは助かりますね。

シェービングサービス料金

自分でできる範囲のシェービングはやっておかなければいけませんが、剃り残しや自分の手が届かない部位は無料で剃毛してもらえます。
まぁ、全身脱毛費用が高額なのでシェービングはサービスでやって欲しいところですよね。

予約キャンセル料金

聖心美容クリニックではキャンセル料金をいただいていないそうです。
当日キャンセルでもペナルティは無いそうですが、ご連絡はきちんとお願いしますとのことでした。

解約した場合の手数料は?

ちょっとビックリしてしまったのですが、聖心美容クリニックでコースを組んだ場合、解約はできないんです。
通えなくなっても返金もありません。
ちょっと納得できない部分もありますが、聖心美容クリニックのルールなので契約するなら納得するしかありません。
聖心美容クリニックでコースを組むなら、強い覚悟を持つ必要がありそうです。

ちなみに、解約手続きが無料でできるクリニックはたくさんありますので、お引越しの予定がある方はそういうサロンを利用なさることをオススメします。

聖心美容クリニックので脱毛できる部位(範囲)

聖心美容クリニックには全身脱毛というコースは無いのですが、部位脱毛を組み合わせれば全身全部位を処理することができますよ。

★聖心美容クリニックで脱毛できる部位
額、額の生え際、両頬、鼻下、あご、あご下、Vライン内側、外側、Iライン、Oライン、両わき、襟足、うなじ、乳輪周り、へそ下、両手の甲と指、両足の甲と指、両ひじ+ひじ上(外側)、両ひじ上(内側)、両ひじ下(外側)、両ひじ下(内側)、おなか(へそ上)、おなか(へそ下)、背中、腰、ひざ下(前面)+両ひざ、両ひざ下(後面)、胸、両太もも(前面)、両太もも(後面)、ヒップ

全身から部位をチョイスできるのは嬉しいところですが、ひざ下が前面と後面に分かれていたり、おでこが額と額の生え際に分かれているなど、パーツ分けが細かいですね。

部位が細分化されすぎているクリニックでの部分チョイスは金銭的に不利になります。
この点からも、聖心美容クリニックでの全身脱毛はちょっとなぁ~と思えてしまいます。

聖心美容クリニック全身脱毛の施術時間、回数・期間

施術時間

聖心美容クリニックに電話で確認したところ、選択する部位によって施術時間が大きく変わるので契約時に案内しているとの回答でした。
少々食い下がって、全部位を契約したときの施術時間も聞いてみたのですが、同じく契約時に説明させていただきますとのことでした。

1回の施術でどこまでの範囲をやってくれる?

全身脱毛となるとかなり時間がかかるので、選択する部位によって1回の施術で照射できる範囲は変わるそうです。

回数・期間

ボディの脱毛は2ヶ月に1回、顔脱毛は1ヶ月ごとを目安に通います。
ボディと顔で照射ペースが異なりますし、全身に照射するには何度かに分けないといけないので、来店頻度はかなりのハイペースとなりそうです。

聖心美容クリニックが使用する脱毛器の効果・性能は?

聖心美容クリニックでは院によって採用している脱毛器が異なります。

脱毛器の種類 クリニック
スムースクール 東京、名古屋
プロウェーブ 札幌、大宮、横浜、熱海、名古屋、広島、福岡
エリート 福岡

◆スムースクール
スムースクールは日本で開発された医療機関でのみ使用できる光脱毛器です。
医療レーザー脱毛ではありません。

メラニン色素にのみ反応するマシンで冷却装置を搭載しているので、光を照射するときに肌の表面温度が下がります。そのため、肌を傷つけることがありません。産毛にも強い効果があると言われています。

デメリットとしては、やや赤みが出やすいこと。長引くことはありませんが、保湿をしっかり行いましょう。

◆プロウェーブ
プロウェーブも光脱毛器になります。
アメリカ版の厚生労働省のような機関において永久脱毛の認可を取得しているので、安全性の高い脱毛器と言えます。

照射できる範囲が広くムダ毛の質にあわせてレベルを調節することができるので短い期間で脱毛を完了させるという特徴があります。
プロウェーブは肌色が濃い方の脱毛にも向いていますよ。
脱毛直後はヒリヒリを感じることもありますが、赤みが残ることはありません。
プロウェーブも冷却装置を搭載しています。

スムースクールとプロウェーブは光脱毛なのですが、脱毛サロンでは取扱うことができない高出力のものですので、エステの脱毛器とは全く別物と考えて大丈夫。この点はご安心くださいね。

◆エリート
エリートの取り扱いがあるのは福岡院のみですが、エリートは医療レーザー脱毛器になります。
アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの2つのレーザーを使い分けることができる新しい脱毛器です。

濃い肌色、背中の産毛、男性のヒゲなどでもまんべんなく効果を得られるので、信頼度も高いんです。

エリートに装着されている冷却装置はなんとマイナス30度の冷却ガス!
通常、医療レーザー脱毛器の痛みは輪ゴムでバチンとはじかれるような感じと言われているのですが、エリートの痛みはチクチクする程度と表現されています。かなり痛みが軽減されているようですね。

エリートのデメリットは照射スピードがやや遅いこと。照射面が小さいのでサクサク進めることが苦手な脱毛器なんです。

デメリットもありますが、エリートはドクターからの信頼も厚いので、産毛までしっかり処理したい方にも向いています。

全身脱毛で聖心美容クリニック以外に検討したいクリニック

聖心美容クリニックは、脱毛価格をきちんと公式ホームページに公開していますし、部分的な脱毛価格はやや高めですが目玉が飛び出るほど高いというわけではありません。部位脱毛なら良いと思うのですが、全身脱毛に関しては価格面で完全にアウト。

低価格と少ない回数で全身脱毛の完了を狙うならリゼクリニックもオススメですよ。

リゼクリニックの全身脱毛料金

リゼクリニックの全身脱毛コースは全て5回プランです。5回の脱毛で結果を出せるような内容になっているんです。

ボディ+VIOの全身脱毛価格は5回で359,000円。
分割払いにするなら、1ヶ月ごとのお支払い金額は15,700円でお支払い回数は24回、総額376,800円になります。

顔+ボディ+VIOの全身脱毛なら397,000円。
1ヶ月ごとのお支払い金額は17,500円で24回払いになり、総額は420,000円です。

分割払いにすると利息が発生するので一括払いよりはお高くなります。
安い金額ではありませんが、かなり現実的な料金なのではないでしょうか。
お支払い方法は、現金一括、クレジットカード一括払い、医療ローンになります。

シェービングサービスも無料なので、この金額以外に必要なお金はありません。

リゼクリニックのキャンセル料と解約手数料

リゼクリニックにはキャンセル料がありません。当日キャンセルでも大丈夫ですよ。

解約制度もあるので途中解約が可能です。解約手数料はかからないので、未消化分の金額を全額返金してもらえます。
聖心美容クリニックがなぜ途中解約不可なのかわかりませんが、やっぱりきちんと対応してくれるクリニックの方が安心だと思います。

リゼクリニックの全身脱毛範囲

リゼクリニックの全身脱毛範囲はおでこから足の指まで。
全身脱毛部位は、顔・ボディ・VIOに分かれていて、この3つを組み合わせてプランを作っていきます。

チョイスできるのは
・VIOを含まないボディのみ
・ボディ+顔
・ボディ+VIO
・ボディ+顔+VIO
です。

★リゼクリニック全身脱毛範囲
額(おでこ)/ほほ/鼻下/あご/あご裏/両わき/二の腕/ひじ~手首/手の甲と指/胸(乳輪まわり)/おなか/うなじ/背中/お尻/太もも/ひざ~足首/足の甲と指/Vライン/Iライン/Oライン

リゼクリニックの通い方

照射時間はかなり長めで、1回の施術で全身に照射するには4時間から5時間もかかってしまいます。
そのためリゼクリニックは1回の来店で全身に照射することはできません。
パーツを3つほどに分けて全身を1周します。

来店ペースはかなりゆっくりで、約2年かけて全身脱毛を完了させます。
リゼクリニックのコース回数は5回なので、1年間で3回程度しか照射しないことになりますよね。

このペースは他のクリニックと比べると本当にゆっくりなのですが、医療レーザー脱毛でも毛周期はとても大事で、リゼクリニックは照射ごとにムダ毛をしっかり生やして次の照射に備える期間を重要視しているんです。
照射2回目までは8~12週間を目安に来院します。3~5回目は12週間~16週間ほど様子を見て来院します。

時間はかかるように思えますが、全身脱毛に必要な期間としては決して長いことはありません。標準だと思います。
5回の照射でしっかり効果が出るような設定になっているので、来店ペースのアドバイスをもらって着実にムダ毛を減らしていきましょう。

リゼクリニックの脱毛器

リゼクリニックで使用している脱毛器はライトシェアデュエットです。
ライトシェアデュエットはとても特徴的な脱毛器で、皮膚を吸引しながら照射していくんです。

照射部位と照射面が近くなるので一般的な脱毛器よりも低いレベルで照射することが可能です。
一般的な医療レーザーよりも痛みも緩和されていますし、肌トラブルの危険性もとても少ないんですよ。

リゼクリニックでもし照射漏れがあった場合は、無料で再照射してもらえます。
照射してから4週間以内に連絡すれば再照射の予定を組んでもらえるんです。
約1ヶ月様子を見る期間を設けられているってかなり安心ですよね。

リゼクリニックは全国に11の院を設けていますが、そのうち5院は提携院になります。

・正規リゼクリニック
東京新宿院/名古屋栄院/大阪梅田院/神戸三宮院/広島院/福岡天神院

・提携院
札幌院/新潟院/横浜院/四日市院/京都院

リゼクリニックは脱毛効果だけでなく、スタッフさんの応対も丁寧ですしアフターケアも充実しています。
全身脱毛にまつわる大事な事柄の全てのバランスが良く、口コミ評価もわりと高いので、オススメできる医療レーザー脱毛クリニックのひとつですよ。

聖心美容クリニック全国各院へのアクセス

聖心美容クリニックは全国に9院あります。

・札幌院
JR札幌駅から徒歩10分
営業時間:10時~19時

・東京院
日比谷線、大江戸線六本木駅から徒歩3分
営業時間:10時~19時

・大宮院
大宮駅から徒歩5分
営業時間:10時~19時

・横浜院
横浜駅から徒歩4分
営業時間:10時~19時

・熱海院
JR熱海駅から徒歩2分 伊東園ホテル熱海館1階
営業時間:10時~19時。不定休で10時~17時に営業時間が変わることもあります。

・名古屋院
伏見駅から徒歩1分
営業時間:10時~19時

・大阪院
JR大阪駅桜橋出口から徒歩5分
営業時間:9時30分~20時

・広島院
広島バスセンターから徒歩10分
市内電車 立町電停から徒歩5分
営業時間:10時~19時

・福岡院
地下鉄天神駅 西12番A出口から徒歩約5分
営業時間:10時~19時

熱海にクリニックがあるのは珍しいですよね。
院内の写真を見るとかーなーりーゴージャスな雰囲気ですよ!

聖心美容クリニックでの全身脱毛はオススメできるポイントが乏しく、費用が高すぎます。
コースの解約にも対応してもらえないことから、長期戦になる全身脱毛としてはちょっと厳しいかな~という印象は否めません。
参考程度に考えておいて、次のクリニックを探しましょう!

このページの先頭へ