豆乳ローションの作り方と様々な効果

男性と女性って、体毛の濃さが違いますよね。
この差を生み出すのが“エストロゲン”と呼ばれる女性ホルモンです。
エストロゲンは体毛を薄くする効果があるのです。

ホルモンのイメージは、扉を開けるための鍵のようなもので、似たような鍵であれば、同じ扉を開け、その扉の向こうにある効果を得ることができます。

エストロゲンと似たような鍵は“エストロゲン様作用”といって、もちろん、エストロゲンと同様の効果をもたらすのですが、このひとつに、大豆に含まれるイソフラボンがあります。

イソフラボンを含む“豆乳ローション”は抑毛効果が高いと言われている理由です。
豆乳ローションは、抑毛効果だけでなく、美白効果や体臭予防効果などもあると言われています。

ドラッグストアに行けば、様々な種類の豆乳ローションが置いてありますが、今回は市販のものではなく、手作りして使う方法をご紹介します。

手作りといって「面倒くさい!」と思われるかもしれませんが、決して難しくはありませんので、ぜひ最後まで読んで、トライしてみてください。

豆乳ローションを作ろう!

【材料】
・無調整豆乳 500ml(大豆固形分8~12%のもの)
・レモン 2個
・無水エタノール 50cc~80cc、もしくは消毒用エタノール 65cc~100cc
・キッチンペーパー 2枚
・ガーゼorキッチンタオル
・ざる、ボウル
・保存容器

豆乳ローションを作る手順

材料を準備しましょう。
豆乳ローションを作る手順

レモンの果汁を絞ります。
レモンの皮の部分には、ソラレンという成分が入っており、シミの原因とも言われています。
皮の部分はカットして絞るようにしてください。
tnl2

豆乳500mlを鍋に入れ、弱火にかけ、かき混ぜながら加熱します。
tnl3

65度になったら、②で用意しておいたレモン汁を入れ、手早くかき混ぜます。
tnl4

とろとろして一部が固まってきたら火を止めて、エタノールを加え、混ぜます。
お肌が敏感な人は少なめに調整してください。
tnl5

ざるとボウルを準備し、ざるにはガーゼ、もしくはキッチンタオルの上にキッチンペーパーを2枚重ねておきます。
tnl6

鍋の中身をゆっくりと流し込み、しばらくの間、粗熱を取ります。
tnl7

手をしっかりと洗います。
tnl8

キッチンペーパーとガーゼorキッチンタオルをひとまとめにして持ち、絞ります。
tnl9

豆乳カスの量が多いため、一気に力を入れて絞ると溢れてしまう場合があるので、少しずつ絞るようにしましょう。
tnl10

しっかりと絞り切れたら、豆乳カスは捨てます。
tnl11

もったいないので、このカスもパックに使ったり、お風呂に入れたりするという人も多数います。
tnl12

出来上がったローションは瓶に小分けします。
tnl13

普通の水で冷やせば完成!
豆乳ローション完成

あとは冷蔵庫で保存しながら、使っていきましょう!
冷蔵でおよそ1週間、冷凍でおよそ半年保存可能です。
冷凍のものを解凍するときは、レンジは使わず、自然解凍するようにしましょう。

所要時間およそ10分、材料も豆乳、レモン、エタノールなど、身近でそろえられるものばかりです。

1,500円程度のコストで大量に作れますので、コスパも良く、簡単&便利です。

豆乳ローションの使い方は?

レモンやエタノールなどの刺激が、お肌に合わない場合があるため、まずはパッチテストを行いましょう。
パッチテストは、二の腕の内側などに、面棒などで1円玉大くらいにローションを塗布して、24時間待つのが基本です。

赤みや痒みがでないかどうか、チェックしてみてください。
大丈夫そうであれば、入浴後など、清潔な状態のお肌に朝晩1日2回たっぷりと重ね塗りするつもりで塗布しましょう。

家庭用脱毛器や脱毛クリームなど、自分でムダ毛処理をした後に使うとより効果的だそうです。
ちなみに顔も使用可ということですが、眉毛など、毛がなくなってほしくない部分は必ず避けるようにしてください。

豆乳ローションの効果は?

豆乳ローションは、抑毛効果と美白効果に優れていると言われます。
冒頭で述べたとおり、豆乳に含まれるイソフラボンが、女性ホルモン“エストロゲン”と似た働きをし、毛乳頭の活動を抑制してくれます。

同じく、豆乳に含まれるサポニンという成分には保湿作用があり、毛穴の汚れを取り除く効果に優れています。

そのため、豆乳ローションは、毛穴の黒ずみなどには非常に効果的です。
他にも豆乳は、レシチンやアミノ酸などが豊富なので、すべすべの美肌に導いてくれるはずですよ!

市販と手作り、どちらがいいの?

市販されている豆乳ローションには色々種類があり、中にはあまり効果がないものもあるようです。
というのも、市販するものはできるだけ利益を上げるため、そして長期保存するために水や添加物を多く含んでいます。

そのため、手作りのものよりも濃度自体が薄く、効果は落ちてしまいます。
「手作りが面倒だから市販のものでいい」という人は、商品のパッケージに記載されている“イソフラボンの含有量”をチェックするようにしましょう。

成分表示は、左上から順に、含有量が高いものが表示されています。
イソフラボンが含まれている『豆乳発酵液』『ダイズエキス』『ダイズ種子エキス』の表記を探し、含有量が高いものを購入するようにすれば、比較的、効果が高い商品を買うことができます。

一方、手作りの豆乳ローションは、作るのが面倒なことと、保存期間が短いことはデメリットではありますが、市販のものより効果が高いことに間違いはありません。
毎日使うものなので、変な添加物が入っていないというのも大切なことかもしれませんね。

手作り豆乳ローション「まとめ」

豆乳ローションについて見てきましたが、いかがでしたか?
豆乳ローションの効果に関して、ネット上では以下のような意見が多くみられます。

・使い始めてから2、3週間で毛が伸びにくくなってきた
・つけた翌日から効果があった!
・目立った毛の変化はないが、肌のきめが細かくなった
・色素沈着が薄くなった

抑毛の効果にはやはり個人差があるようですが、効果がある人の場合、多くは2週間程度で体感するようです。

抑毛の効果以外も、毛穴の黒ずみや色素沈着が薄くなったり、お肌がすべすべになるという意見も多くありましたので、一度試してみる価値はあるのではないでしょうか?

このページの先頭へ