顔の産毛処理の正しい手入れ方法と得られる効果

顔の産毛処理の正しい手入れ方法と得られる効果
人の顔の産毛って、結構気になりますよね。
かわいい女友達にヒゲがうっすら生えていようものなら、話をしているときでも、ジッと見てしまいます。

いつも少し暗めな部屋でメイクなどをしている人は要注意です。
意外とうっすら産毛が生えている可能性も・・・。

とはいえ、顔の産毛の処理ってどうすればいいんだろう・・・場所が場所だけに、どの方法が正解なのかなって思いますよね。

カミソリや毛抜きってお肌を痛めるっていうけれど、剃ったほうがいいのか、それとも・・・?

そこで今回は、顔の産毛の正しいお手入れの方法と、その効果についてまとめてみました。美容のために、顔の産毛処理をどうすればいいのか、悩んでいる人はぜひ最後までチェックしてみてください。

顔の産毛処理には何を使う?

一般的にムダ毛の処理に、カミソリや毛抜きはNGと聞きますよね。
その原因はお肌を痛めてしまうからです。

顔の産毛処理方法としては、他にも光脱毛や電気シェーバーがあります。
もちろん、金銭的に余裕がある場合は、光脱毛が長い目で見て最も良い選択でしょう。
フラッシュ式の家庭用脱毛器という手もありますが、いずれにせよ産毛の場合、濃い毛と比べて、効果が出るのも遅く、何よりコストがかかってしまいます。

お肌への負担や、安全面重視で行くと、自己処理の方法としてお勧めなのはやはり、電気シェーバーです。
しかし、電気シェーバーの場合、処理した産毛は比較的早く伸びてしまうことや、以下で述べるようなトーンアップや化粧ノリといった顔そりのメリットはあまり期待できません。
結果として、やはりカミソリが根強い人気を誇っています。
顔用のカミソリとしては、T字のものとI字のものがあります。

お肌表面を削り取る=お肌を痛める、という点ではいずれも同じですので、正しいお手入れ方法を知って、お肌への負担を最小にとどめる努力をする必要があります。

カミソリによる正しい顔の産毛処理方法

お肌へのダメージを最小限に抑え、美しく仕上げるためのコツをご紹介します。
お肌への負担を考えると、お手入れをする頻度は2週間に1度程度が最適ですが、どうしてもヒゲなどが気になる場合は1週間に1度を目安としてください。
少し面倒だなと思うかもしれませんが、処理をする前のこのひと手間が、仕上がりに影響するため、頑張ってみましょう。

①洗顔する

メイクや汚れがついている状態のまま、カミソリで処理をすると、皮膚表面の細かな傷から雑菌が入ってしまう可能性があり、お肌トラブルの原因になってしまいます。

注意したいのは1日中スッピンだった場合。
スッピンでも、空気中の汚れや皮脂でお肌は汚れているので、処理前には必ず洗顔を行いましょう。

②蒸しタオルを1分、顔にあてる

電子レンジで蒸しタオルを作り、顔全体におよそ1分のせましょう。
こうすることで毛穴が開き、お肌が柔らかくなるため、カミソリによるお肌への負担が小さくなります。

③シェービングクリームを塗布する

シェービングクリームとは、お肌をカミソリから守り、カミソリの滑りを良くしてスムーズに動かすためのクリームです。
シェービングクリームがない場合は、乳液などで代用もOKです。
たっぷりとつけましょう。

④毛の流れに沿ってシェービングする

毛の流れの方向へカミソリを動かして剃っていきます。
力を入れず、ゆっくりと動かしましょう。

毛の流れと逆向きに剃ると、深剃りができるため、一見キレイに仕上がるのですが、お肌への負担は大きくなってしまうので、お勧めできません。

⑤最後はしっかりと保湿を

シェービングが終わったら、水かぬるま湯で洗い流して、しっかりと保湿を行いましょう。赤みが出やすい人は、濡れタオルなどで冷やすと、ヒリヒリ感が軽減されます。

顔の産毛処理のメリットとは?

顔をシェービングすると、産毛がなくなりツルツルになるのはもちろん、いくつかメリットがあります。

①ピーリング効果がある

カミソリでシェービングを行うと、産毛だけでなく、古い角質を除去するため、お肌をつるつるにするピーリング効果が得られます。

②肌の色がワントーンアップする

産毛と古い角質を除去すると、お肌のくすみが取れて、色が1段階明るくなり、美白効果は絶大です。

③お化粧ノリが良くなる

産毛がなくなることで、ファンデーションがお肌に密着します。
フィット感が格段にアップするため、お化粧ノリだけでなく、お化粧持ちも抜群によくなります。

顔の産毛処理の注意点

顔の産毛処理は上でもご紹介したとおり、2週間に1度くらいのペースで行うのがベストです。しかし、避けて欲しい時期があります。

それは生理中。
生理中はお肌がいつもよりデリケートで、ただでさえお肌トラブルが出やすい時期です。
この時期にシェービングを行うのはなるべく避けるようにしましょう。

顔の産毛処理「まとめ」

顔の産毛処理について見てきましたがいかがでしたか?
自己処理以外で、光脱毛よりも安く、キレイに仕上げたいなら、シェービングサロンを利用するという手もあります。

ブライダルシェービングを行うような、女性専用のサロンもあるので、はじめてでも安心して利用できますので、いざという時のために、調べておいてもいいかもしれません。

このページの先頭へ