除毛パフkenassy(ケナッシー)の使い方と効果

除毛パフkenassy(ケナッシー)の使い方と効果
いまや小学生でもムダ毛に気を配る時代です。
子供でも通える脱毛サロンも存在していますが、そこまでしている小学生はさすがにまだ少数派。

そんな小学生女子の間で今、除毛グッズとして流行っているのが“除毛パフ”です。
「除毛パフってなに?」と、初めて聞く人もいるかもしれませんね。

そんな方のために、今回は除毛パフの効果や使い方についてまとめてみましたので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

除毛パフとは

除毛パフとは、クルクルと円を描いて擦ることで、お肌との間に摩擦を生じさせ、ムダ毛を絡め取りながら除毛するパフのことを言います。

除毛パフの中でもTVで紹介されて、一気に有名になったものといえば“つるすべ美肌除毛パフkenassy(ケナッシー)”です。
仕様は以下の通りです。

【つるすべ美肌除毛パフkenassy(ケナッシー)の仕様】
ポリウレタンフォーム、ポリエステル、アルミナ、酢ビ系樹脂

価格が480円で、ドラッグストアで気軽に購入できることから、小学生女子の間では大人気なんだそうです。

kenassy(ケナッシー)に代表される除毛パフの特徴としては、カミソリや毛抜きを使うよりもお肌に大きな負担をかけることなく、除毛ができるという点です。
また、除毛パフは、上でご紹介したとおり、お肌との摩擦で除毛を行うため、カットした毛の毛先の断面は丸みを帯びます。

つまり、ヒートカッターを使用したときと同様に、処理した毛の毛先が伸びてきたらチクチクして、不快に感じるというようなことがありません。
ポーチに入る大きさで、軽くて持ち運びも簡単です。

除毛前にクリームやフォームを使う必要がなく、乾いたお肌にそのまま使えるため、場所を選ばず気軽に処理できるのもいいですよね。
除毛のみならず、古い角質も除去してくれるので、処理後はお肌がつるつるになります。

除毛パフ、kenassy(ケナッシー)の使い方

①お手入れしたい部分にパフを軽く当てて、右に素早く、クルクル小さく回します。
②肌から離さず、そのまま左に素早く、クルクル小さく逆回転します。
③小さい円を描くように、素早く左右の回転を繰り返し行うことで除毛されていきます。

中には、うまくできないという人もいるようですが、ポイントは大きい円ではなく、“小さい円”を細かく描くことと、左右の回転の途中でパフをお肌から離さないことです。
パフとお肌との摩擦によって除毛しているという点を意識して、行って頂ければ良いと思います。

利き手でないほうでパフを擦るときは、慣れるまでやりにくいという口コミが多かったのですが、残念ながらこればかりは、慣れてコツを掴むしかなさそうです。
また、小さな円で処理をしていくため、広い範囲をするのには結構時間がかかります。
時間に余裕のあるときに行いましょう。

除毛パフ、kenassy(ケナッシー)の効果は?

どれだけ安くても、どれだけ人気があるといっても、効果がなければ意味がないですよね。
そこで、実際に、kenassy(ケナッシー)を使用した人たちの声をまとめてみました。
ぜひ参考にしてみてください。

除毛パフ、kenassy(ケナッシー)の口コミ

・20代の毛には全く除毛できず、値段の通り、ただのごみになった。
・娘が小学生で、すね毛が気になりだした頃に購入した。産毛程度なら使えるが、高学年になって毛がしっかりしてくると無理。
・2,3mm伸びた状態で試したが全く効果なし。必死でやったら肌がヒリヒリした。
・永久脱毛の照射モレの1cm程の毛に使ってみたら、簡単になくなった。
・取れにくい部分もあるが、結構キレイになる。急ぎのときにササッと出来て便利。
・小学低学年と幼稚園児の子供が使って、つるつるになったが、大人が使うと痛いし効果ない。

様々な口コミを比較してみましたが、評価は不思議なほど偏りなく賛否両論あります。
しかし、口コミの内容を分析すると、どうやら柔らかい産毛で、ある程度の長さがある場合には除毛効果が高いのではないかという結論に至りました。

そのため、小学校低学年の子供などには絶大な人気を誇っている一方で、全く除毛できないと嘆く大人がいるという現象が起きているようです。

ちなみに、上でもご紹介したように、一度脱毛を完了してはいるけれど、照射モレなどの毛に使うという場合は効果があるようで、キレイに処理できるという口コミが何件か見られました。

照射モレで最終的には残ってしまったものの、脱毛を進めていく段階で、おそらく毛が細く柔らかくなったということでしょう。

除毛パフ「kenassy(ケナッシー)」の注意点

除毛パフ、kenassy(ケナッシー)は、乾いたお肌とパフを摩擦させて除毛するものなので、お肌が敏感な人は使用しないほうが無難です。
また入浴直後など、お肌が水気を含んで柔らかい状態の時の使用も避けましょう。
除毛の際、クルクル素早く擦るのは必須なのですが、ついついここで力を入れてしまいがちです。

実際の利用者の口コミでも「やり過ぎてヒリヒリした」というものが非常に多くありました。
力を入れてしまうと、お肌を痛めてしまうため、力加減には十分に注意してください。
ゆっくりクルクルしても効果は半減しますので細かく小さく円を描くようにしましょう。

除毛パフ「まとめ」

除毛パフ、どんなものかお分かりいただけましたか?
買うべきか買わないべきかは悩むところではありますが、カミソリ・毛抜き・除毛クリーム・脱毛クリームなどは使いたくない、という人で、比較的毛が柔らかく、長さもある場合でしたら、1度試してみるのもいいかもしれません。

ただし、口コミからもお分かり頂けるように、毛質によって除毛しにくいケースもあり、効果には個人差があります。
安いからといって一気に幾つもまとめ買いせずに、まずは1つ購入して、実際に効果を試してみましょう。

このページの先頭へ