毛嚢炎の原因と対策、毛嚢炎になった時の対処法

毛嚢炎の原因と対策、毛嚢炎になった時の対処法
ムダ毛の自己処理を行う時に、特に注意したい毛嚢炎。
一度出来てしまうと、繰り返しクセになってしまう人もいて、悩んでいる人が結構多いと言われる皮膚の炎症です。

脱毛に関連して、この皮膚炎にスポットが当たる場合は、ムダ毛の自己処理によって起こりがちな皮膚トラブルのひとつとして取りあげられることの多い毛嚢炎ですが、原因はムダ毛の自己処理だけでなく、他にもあります。

今回は、そんな毛嚢炎について、原因や対策、対処法などを詳しく見ていきたいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

毛嚢炎ってどんなもの?

毛嚢炎は一見、ニキビのように見える炎症性の出来物です。
大きさはそれほど大きくなく、プツっとして色は赤味を帯びていて、中央に白い膿が溜まっているタイプのものが多いようです。

通常は痛みやかゆみはなく、放っておいたら自然に治ってしまうものがほとんどです。
しかし、何らかの原因で悪化してしまうと、熱を帯びて痛くなったり、化膿して症状が酷くなったりするので、その場合は皮膚科へ行く必要があります。

毛嚢炎の原因は?

毛嚢炎は、毛穴に傷がついてしまうのが根本的な原因です。
ムダ毛の自己処理で起こりやすいと言われているのは、そのためです。

剃刀で深剃りをしてしまったり、毛抜きで無理に毛を抜いたりしたときに毛穴が傷ついてしまう・・・心当たりがある人もいるのではないでしょうか。

このようにしてできた毛穴の傷から、お肌の表面にいる黄色ブドウ球菌という常在菌が入り込み、毛穴の奥で毛根を包みこんでいる毛包という部分が菌に感染し、発症します。

中にはステロイド剤の使用によって誘発されるケースもあります。
アトピーなどの治療で使用されるステロイド剤には、強い抗炎症作用がありますが、同時に身体の持つ免疫力を抑える性質も持ち合わせています。

そのため、どうしても体外から細菌などが侵入しやすくなってしまい、ニキビや毛嚢炎ができやすくなってしまいます。

また、その他にもストレスや食生活によってお肌が荒れたことが原因で、毛嚢炎の発症に繋がってしまうケースもあります。

ブドウ球菌って何?

毛嚢炎の原因とされる黄色ブドウ球菌って一体何なのでしょうか?
お肌の表面には、様々な種類のブドウ球菌が住んでいて、これらを常在菌と呼びます。

菌と聞くと嫌なイメージがあるかもしれませんが、例えば、このブドウ球菌の一種である表皮ブドウ球菌は、皮脂を餌にして、保湿成分であるグリセリンと脂肪酸に分解し、お肌の潤いを保ってくれている、お肌にとってはありがたい善玉菌です。

一方、上でご紹介した黄色ブドウ球菌は、毒性があり、傷口を化膿させたり、食中毒の原因となったりする悪玉菌です。

通常は表皮ブドウ球菌の働きによって繁殖が抑えられていますが、湿度の高いところで繁殖しやすい性質があるため、汗をかきやすい夏場などは特に注意が必要になります。
毛嚢炎が、汗をかきやすい部分や、夏場に発生しやすいのもこのためです。

毛嚢炎を予防するには?

毛嚢炎にならないために、事前に以下のような対策を取りましょう。

毛嚢炎の予防対策

①自己処理は電気シェーバーで行う
剃刀や毛抜き、脱毛ワックスなどは控えましょう。
自己処理の際は、お肌に傷をつけるリスクの少ない電気シェーバーが最もお勧めです。

②寝具を常に乾燥させ、清潔に保つ
黄色ブドウ球菌は湿度の高いところで繁殖をします。
人間は、寝ている間に大量の汗をかいているため、寝具は湿った状態が続きがちになります。
シーツやカバーはマメに洗濯し、布団はできるだけ天日干しにするなど、寝具を常に乾燥させ、清潔に保つようにしましょう。

③シャワーを浴びる
特に夏場、汗をかいたままにしていると黄色ブドウ球菌が繁殖してしまいます。
こまめにシャワーなどで汗を流すようにしましょう。

④食生活の見直し
肌荒れによって乾燥して、知らず知らずのうちに掻いてしまったりすることで、お肌に傷が付き、毛嚢炎になってしまうケースもよくあります。

肌荒れを起こさないために食生活を見直しましょう。
特に皮脂の出やすくなってしまう脂っぽいものはなるべく避けて、野菜中心にバランスの良い食生活を送るよう心がけましょう。

⑤ストレス発散をする
ストレスも肌荒れの大きな要因になってしまいます。
ストレスを溜め込まないようにしましょう。

毛嚢炎が出来てしまったらどうする?

毛嚢炎が出来てしまっても、通常でしたら自然に治っていきます。
でも、複数できてしまったり、痛みを伴う場合は、化膿止めの薬などの服用が必要な場合があるため、皮膚科へ行き適切な処置を受けてください。

毛嚢炎「まとめ」

毛嚢炎について、詳しく見てきましたがいかがでしたか?
ムダ毛の自己処理だけが原因ではないことがおわかりいただけましたか?

毛嚢炎は、その原因がはっきりと分かっているので、普段から汗をかいたらシャワーを浴びたり、食生活に気をつけたりと、きちんと予防対策をしておけば怖いものではありませんが、一度かかってしまった場合、癖になってしまうケースもあり、そうなるとなかなか治りづらいので、酷くなる前に皮膚科へ相談することをお勧めします。

このページの先頭へ