脱毛の施術前後にお酒(アルコール)を飲んではいけない理由

脱毛の施術前後にお酒(アルコール)を飲んではいけない理由
脱毛の施術前後は、飲酒を控えないといけないことを知っていますか?
脱毛前後の注意事項は、初回にざっと説明されるだけなので、結構忘れてしまう人が多いのですが、飲酒に関してもそのひとつ。

でもちゃんと守らないと、あとで後悔して、不安を抱えてしまう羽目になってしまうかもしれません。

そこで今回は、脱毛の施術前後にお酒を飲んではいけない理由について調べてみましたのでご覧ください。

脱毛当日、施術前にお酒を飲むと何が起こる?

脱毛の当日、施術の前にお酒を飲んだとしましょう。
アルコールによって、いつもより体温が急激に上がりますよね。

その状態で施術を行うと、痛みを感じやすかったり、脱毛後の赤みが酷くでたり、激しい痒みが出てしまう人もいて、お肌トラブルの原因になってしまいます。

また、酔った状態で脱毛の施術を受けた場合、途中で気持ち悪くなってしまったりすることがないとは言えません。

万が一吐いてしまったり、そうでなくてもアルコールの匂いをプンプンさせていては、サロンや他のお客さんへの迷惑になってしまいます。
施術の前は、少なくとも12時間はアルコールの摂取を控えるようにしてください。

脱毛当日、施術後にお酒を飲むと何が起こる?

では脱毛の当日、施術の後にお酒を飲むとどうなるのでしょうか?
脱毛の施術で、強い光を浴びるのは一瞬ですが、照射が終わった後もお肌は軽く炎症を起こした状態がしばらく続いています。

そのような状態でアルコールを摂取すると、脱毛によって弱ったお肌の状態を更に悪化させることになり、良いことは何もありません。

アルコールによって体温が上がり、血行が良くなると、脱毛を受けた箇所の毛穴がぽつぽつと赤みを帯びて、赤みが体中に広がる場合があります。
更に痒みが出てきます。
このときに掻いてしまったら最後、ますます痒みが強くなり、治るのにも時間がかかります。

症状は、一晩寝て、アルコールが抜けてしまえば、翌日にはおさまっていることが多いですが、お肌の状態によっては、赤みや炎症は数日間続くこともあります。
また、お酒を飲んだときにやたらとトイレに行きたくなって、だんだん喉が渇いていく・・・という経験、ありませんか?

あの時、乾いているのは喉だけではありません。
お肌からも水分がどんどん奪われていっています。
お肌の乾燥は、肌トラブルの原因となり、さらには脱毛の効果を低下させてしまうことも知っておきましょう。

脱毛後はいつから飲酒しても良いのか、というと、脱毛の施術によるお肌の症状が落ち着いてからです。

特に医療レーザー脱毛を受けた後の炎症は、すぐに引くものではありません。
施術の翌日になっても、まだ違和感があったり、痒みや炎症が残っている状態であれば、飲酒は控えるべきです。

家庭用脱毛器でもアルコールは控えるべき?

医療レーザー脱毛や光脱毛では、施術前後の飲酒は絶対厳禁ですが、家庭用脱毛器はどうでしょうか?

家庭用脱毛器はいつでも自分のタイミングで脱毛することができるため、前後のケアがおろそかになってしまいがちですが、基本的には医療レーザー脱毛や光脱毛と同じです。

「脱毛したらそのままお風呂に入って、あとはビールでも・・・」としたいところですが家庭用脱毛器であっても、脱毛の前後は飲酒を控えなければなりませんし、脱毛後のお風呂も基本的にはNGです。

説明書に載っていなかったからといって、何でもありというわけではありません。
肌トラブルに繋がるようなことは避けるようにしましょう。

もしも脱毛前後の飲酒で肌トラブルが起きてしまったら・・・

脱毛を受けるに当たって、施術前後の飲酒は厳禁です。
そのようにサロンからも注意を受けていたはずです。

それでも飲酒してしまい、肌トラブルが起きてしまった場合は、残念ながら、たとえ医療サポートのある脱毛サロンであっても、そのサポートを受けることはできないと考えてください。

お肌トラブルが起きてしまったら、お肌には化粧水やクリームなどを塗らずに、素肌の状態で過ごしましょう。
脱毛前後の飲酒による肌トラブルは、遅くても数日で治ることがほとんどですが、1日も早く治したいのであれば、自分で皮膚科の受診をし、脱毛前後に飲酒をした旨を伝えてください。

飲酒以外で注意しなければならないこと

上でご紹介したように、脱毛後にアルコールを摂取してはいけない大きな理由は、体温の上昇にあります。

脱毛後は、本来であれば冷やしておきたいのに、温めてしまうために、肌トラブルの原因となるのです。

飲酒以外でも、マラソンなどの過度の運動や、入浴、日焼け、マッサージなども、体温を上昇させ、肌トラブルを招く可能性があるためNG行為とされていますので、注意しましょう。

脱毛の施術前後のお酒(アルコール)「まとめ」

脱毛の施術と飲酒の関係について見てきましたが、お分かりいただけましたか?
毎日飲む習慣がついてしまっている人は、少し辛いかもしれませんね。
でも、脱毛の施術は2,3ヶ月に1回です。
自分のお肌のために、その前後は少しだけ休肝日にしてあげましょう。

このページの先頭へ