VIO脱毛のメリット・デメリット

VIO脱毛のメリット・デメリット
近年では、およそ60%の女性が何らかの方法でアンダーヘアのお手入れをしているそうです。
それに伴いVIO脱毛の需要も急速に高まってきています。
なかなか人に相談できない箇所なので、一人であれこれ悩んでいる間に「実はみんなやっていた・・・」ということも。
そこで今回はVIO脱毛のメリットとデメリットについて、詳しくまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

VIO脱毛、3つのデメリット

まずはVIO脱毛をして、考えられ得るデメリットについて見ていきたいと思います。
気軽に人に相談できる部分でないだけに、不安に感じている人はたくさんいます。
VIOを脱毛しようかどうか、悩んでいる最中の人はしっかりチェックしてください。

デメリット1「VIO脱毛は痛い!?」

VIOの部分は、身体の中でも皮膚が薄い上に毛が太くて濃いため、一番痛みが出やすい部分のひとつです。
とは言え、脱毛サロンの場合は、そこまで心配する必要はありません。
事前のカウンセリング時に「輪ゴムで弾くような痛みがあります」と説明を受けると思いますが、ほとんどの人は、光脱毛の施術中、さほど痛みを感じることはないと思います。
もちろん個人差はありますが、たとえVIOであっても我慢できないほどの痛みはありません。
それよりも、初めての場合だと、恥ずかしさが勝ってしまうケースが多いのではないでしょうか。
慣れてくれば、施術中に寝てしまう人もいる程です。

しかし、美容クリニックでの医療レーザーはそうはいきません。
IやOの部分は特に、鋭い針で刺すような痛みに耐える必要があります。
VIOの施術中、妙な汗を全身にかいてしまったり、照射のたびに「う・・・」と思わず声が出たり、中には施術の痛みに耐えるために、手をギュッとつねっていたら、その時の爪の型が数日消えなかった・・・なんていう話もありますし、術後30分くらいはジンジンしたり、ヒリヒリしたりするケースもあります。

そのため、クリニックによっては、別途料金がかかるものの、部分麻酔をしてくれたり、氷で冷やしながら施術をしてくれますので、痛みにどうしても耐えられないという人は、こういった方法を選択するか、回数がかかっても、VIOは脱毛サロンで施術を受けることをお勧めします。

デメリット2「一度脱毛してしまったら取り戻せない」

VIO脱毛でムダ毛から解放され、スッキリした状態から、完全にもとの状態に戻りたいと思う人はいないと思いますが、VIOの形や毛の量に関して、「こうすればよかったかなぁ」と悩みだす人は意外と少なくはありません。

筆者の場合も、光脱毛でVIOを開始した当時は、脱毛自体がまだまだポピュラーでなかったため、つるつるのIラインに抵抗を感じ、両脇のヘアを指一本分残すデザインで仕上げました。

でもしばらくすると、脱毛された状態に慣れてしまい、「やっぱりIラインもつるつるにしてしまえばよかった・・・」と思うようになって、結局医療レーザー脱毛へ行き、無駄な出費をする羽目に・・・。

筆者のケースは、“やりすぎてしまった”パターンではなかったのですが、“やりすぎてしまった”パターンにありがちなのは、Vラインを脱毛しすぎてしまって、年を取ってから後悔するケースです。
一度脱毛を完了してしまったら、毛を増やしたくなってもできないリスクがあります。
VIO脱毛をする際は、後悔のないよう、よく考えて形を決めるようにしてください。

デメリット3「施術前の自己処理が大変!」

脱毛の施術前は、シェーバーなどで自己処理が必要です。
IやOの部分は、直接自分で見ることができないし、背中を丸めた格好で処理をしなければならないため、とてもし辛いですし、時間がかかります。

少しでも時間を短縮するには、まずハサミでアンダーヘアを短くカットしてから、上から下へ、毛の流れに沿ってシェービングするようにしましょう。
デリケートな部分なので、保湿も怠らないようにしてください。

VIO脱毛、3つのメリット

次にVIO脱毛のメリットについて、詳しく見ていきたいと思います。

メリット1「とにかく清潔&快適!」

VIOをスッキリ脱毛してしまうと、とにかく快適に日常生活を送れます。
特に実感するのは生理時。
毎月の不快感から解放され、清潔に保てるため、ムレや匂いも気にならなくなります。

メリット2「自己処理から解放される!」

普段、自己処理をしている人は、シェーバーや電気カッターなどを使って行っていると思いますが、アンダーヘアの自己処理って、意外と時間がかかります。
それにデリケートゾーンは直接見えないため、自己処理で誤って傷つけてしまうこともあり危険です。

しかもどうしても背中を丸めて、窮屈な格好で行うことになるので、首や背中が辛いですよね。
VIO脱毛をしてしまえば、Vなどの残った毛があまりにも伸びたときだけ、毛先を整える程度で、あとは自己処理の必要がなく、ストレスから解放されます。

メリット3「下着や水着が怖くない!」

アンダーヘアがキレイに脱毛されていると、下着や水着など、楽しめるファッションの幅がグッと広がります。
毛がはみ出ていないかな・・・なんて心配する必要はありません。

VIO脱毛のメリットとデメリット「まとめ」

VIO脱毛のメリットとデメリットについて見てきました。
いかがでしたか?

VIO脱毛の施術の痛みに関しては気になるところですが、部分麻酔などもありますし、脱毛サロンという選択肢もあります。
何よりもVIO脱毛はそういったデメリットを十分にカバーするほどのメリットがあると言えるでしょう。

筆者がVIO脱毛をして、上でご紹介したメリット以外に感じたことは、「陰毛が落ちない!」ということ。

日常生活の中で、ふと気付いたら、掃除したはずの浴室やトイレなどに陰毛が落ちていて、残念な気持ちになっていたのが、全くなくなり、日々快適に過ごしています。
正直なところ、脱毛をしてから、一度も後悔したことはありません。

些細なことなのですが、VIO脱毛をすることで、毎月の生理時の不快感をはじめ、こういった日常の小さなストレスからも解放されます。

VIO脱毛をしようか悩んでいる人は、少し勇気を出して、脱毛サロンの体験などに行ってみるのもいいかもしれません。

※その他、VIO脱毛をすることによって得られるメリットやVIO脱毛をはじめる時期など参考になる記事は以下です。
VIO脱毛のメリット・デメリット - NAVER まとめ
初子&美緒の【VIO脱毛初心者講座】メリットや時期、脱毛の種類など
ハイジニーナ脱毛でVIOを無毛にするメリット・デメリット

このページの先頭へ