全身脱毛 月額制VSパックプラン メリット・デメリット

全身脱毛 月額制VSパックプラン メリット・デメリット
一昔前までは、脱毛というと高額で、全身脱毛はなかなか手が出せなかったものですが、最近では脱毛の価格自体が安くなり、若年層に脱毛が一般化してきています。
そのため、顧客のニーズに合わせて月額制など様々な支払い方法が可能になってきました。

いざ、全身脱毛のサロンを決めようと思っても、月額制のサロンがいいのか、回数パックプランのサロンがいいのか・・・悩んでしまいますよね。

そこで今回は、月額制と回数パックプランのメリットとデメリットについて、徹底検証していきたいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

全身脱毛「月額制」の仕組み

手頃な価格で全身脱毛をスタートできるということで、月額制の脱毛サロンがたくさん出てきています。
銀座カラー、脱毛ラボ、キレイモ、エタラビ・・・などなど。

しかし、実は一概に “月額制”といっても、内容は2種類あります

それを知っておかないと、「こんなはずじゃなかった!」ということになりかねません。
それぞれの月額制の仕組みをしっかりと理解しておきましょう。

1.月謝タイプ月額制について

月額制と聞いた時に、誰もがイメージしやすいのが月謝タイプです。
脱毛ラボやキレイモの全身脱毛がこのタイプですね。

習い事と同じような感覚で、全身脱毛の施術を続けている限りは毎月一定の額を支払い続けます。
習い事でも、体調不良や用事などでレッスンをお休みをしてしまっても、月謝は変わらず、払い続けなければいけませんよね。
全身脱毛も同じです。

施術に来店しなかった場合でも、月額は支払い続けなくてはいけません。
月謝タイプは非常にわかりやすくて、手軽に全身脱毛をスタートさせるにはもってこいなのですが、注意も必要です。

一般的に、月額制での全身脱毛施術は、全身を2パート、または4パートに分けて、一回の施術で1パートずつ施術を行うというサロンが主流です

つまり、全身の脱毛施術を一回終えるのに、2ヶ月から4ヶ月かかってしまう可能性があるということです。

全身のムダ毛がほとんど気にならなくなるレベルまで脱毛をしようと思うと、18回前後の施術が必要とされますから、単純計算しても、早ければ完了まで36ヶ月、遅ければ72ヶ月と、その期間の差は倍も違ってきます。

月謝タイプで支払いを続けるのであれば、脱毛にかかった期間=コストになるため、この差は非常に重要です。
中には1回で全身の施術を完了してくれるサロンもあるため、全身の脱毛施術を1回行うのに、何回通わなければいけないのかは必ず確認するようにしましょう。

【月謝タイプ月額制のメリット】
・自分のタイミングで辞めることができる

【月謝タイプ月額制のデメリット】
・満足いくまで、ダラダラと支払いを続ける必要があり、総額が高額になる場合もある
・施術を受けていなくても、支払いは発生する
・脱毛期間が長期に渡る可能性がある

2.分割払タイプ月額制について

同じ月額制でも、月謝制とは違う分割払タイプというものもあります。
これは、回数が決まっている、もしくは無制限で全身脱毛に通えるけれど、いずれにしてもあらかじめ総額が設定されたものを、ローンやクレジットカードで購入し、毎月分割で支払っていくタイプのものです。

銀座カラーやエタラビ、シースリーなどの全身脱毛がこのタイプです。

支払い額は、分割の回数や支払額によって変わってくるため、脱毛サロンの公式サイトなどでも、詳細がわかりにくかったり、記載されていない場合もありますので、必ず全身脱毛の総額を確認する必要があります。

また、ローンに関しては脱毛サロンが金利を負担してくれるところがある一方、ローンの取り扱い自体がないところもあります。
ローンの取り扱いのない脱毛サロンでは、クレジットカードで支払い、分割払いやリボ払いで払っていく方法を勧めるところもありますが、こういったクレジットカードの手数料は割高なので、お勧めしません。

【分割払タイプ月額制のメリット】
・支払いに上限があるため、ダラダラと支払いを続ける必要がない
・基本1回で全身の施術を行うため、最短で脱毛を完了することができる

【分割払タイプ月額制のデメリット】
・ローンやクレジットを利用するため、基本的には金利手数料がかかる
・途中で解約する場合には、手数料がかかる

全身脱毛「回数パックプラン」の仕組み

では、全身脱毛「回数パックプラン」についてご紹介します。
回数パックプランとは、あらかじめ、6回や18回など、施術を受けられる回数が決まっていて、それぞれお得な価格に設定されている、非常にわかりやすい支払方法です。

ミュゼの全身脱毛がこのタイプですね。

つまり、分割払タイプの月額制でご紹介したような定額メニューを、一括で購入する場合、回数プランタイプの扱いになります。

1回毎に予約を取って、回数を消化していくので、「仕事で数ヶ月行くことができそうにない」というような場合でも、ムダがありませんし、最短で脱毛を終えることが可能です。

ただし、脱毛が初めてという人は、一体何回通えばどれくらい脱毛できるのか、自分が脱毛の効果が出やすいかどうか、なんてわからないものです。

「とりあえず6回でいいかな」と契約をして、6回の施術を終えたときに、全く満足できていないということは十分に考えられますし、そうなった場合、回数を追加していくと、最初から18回セットプランを購入したほうが安かった・・・なんてことにもなりかねません。

脱毛サロンによっては、回数無制限で通えるメニューがあるところもありますので、そちらを選ぶほうが無難です。

【回数プランタイプのメリット】
・最短で脱毛を進められる
・支払いにムダがなく、わかりやすい

【回数プランタイプのデメリット】
・まとまったお金が必要である
・中途解約する場合、手数料がかかる
・回数の予測を誤ると、ムダなコストがかかる場合がある

全身脱毛「月額制VSパックプラン」まとめ

月謝制とパックプランの仕組み、おわかりいただけましたか?
それぞれにメリット・デメリットがあり、どれが一番!というわけではありませんので、自分に合う方法を選ぶことが大切です。

全身脱毛は長期戦です。
最後になって「こんなはずじゃなかったのに!」とならないように、目先の価格やキャンペーンがお得だからと安易に決めるのではなく、支払総額で考えるようにしましょう。

このページの先頭へ