全身脱毛 施術前日のシェービングの注意点

全身脱毛 施術前日のシェービングの注意点
全身脱毛をする場合、施術日の前日までには必ず自己処理を行う必要があります。
産毛であっても、デリケートゾーンであっても、脱毛の光を当てる部分の毛は全てシェービングしていかなくてはなりません。

シェービングは、一度してしまえば慣れてくるのですが、最初のうちは、「デリケートゾーンはどこまで処理すればいいの?」「背中に手が届かない・・・」というようなことで、「これでいいのかな?」と不安に感じる人も多いようです。

そこで今回は、全身脱毛のシェービングについてまとめてみました。
上手にシェービングをして行かないと、施術してもらえないサロンもあります。
直前に慌てることがないように、少しでも不安に感じている方はぜひ参考にしてみてください。

脱毛施術前の自己処理(シェービング)のタイミングは?

脱毛施術日前日までに自己処理をしてくるように言われたけれど、実際いつするのがいいのでしょうか。

なぜ当日ではダメなのでしょうか。
これはお肌の状態が関係しています。

シェービングを行うと、どうしてもお肌に負担がかかってしまいます。
剃刀の場合、お肌の表面を削っているようなものなので、目に見えない小さな傷を作ってしまうことがありますし、電気シェーバーを使っても、その刺激でシェービングの後、お肌に赤みが出ることもあります。

このような症状がお肌に出ている箇所に関しては、脱毛処理をすることができません。
小さな傷や赤みは、数日で治まりますので、タイミングとしては、前日の自己処理で十分なのですが、お肌が弱かったり、敏感だと自覚している人は、前々日くらいには処理を終えて、脱毛施術に挑むことをおススメします。

ただし、3日以上前に処理を行ってしまうと、施術当日にムダ毛が伸びてきているケースもあります。

それはそれで脱毛処理をすることができなくなってしまうので、気をつけてください。

デリケートゾーン(VIO)の自己処理の方法は?

VIOのデリケートゾーンは、恥ずかしいけれど、脱毛するととてもラクなので、人気の箇所ではあるのですが、実際にどの程度まで自己処理をしていけばいいのかわからないという人は少なくありません。

自己処理のステップを具体的に見ていきましょう。

VIO、まずは目標とする形を決めよう!

VIOラインは、あまり人と比べられる部分でもないですし、カタログのようなものがあるわけでもないため、どの程度脱毛するべきかも検討がつかず、「どんな形にしますか?」と言われても、「どんな形があるんですか?」と聞きたくなりますよね。

VIO脱毛が随分一般化してきている現在、Vの形はオーバル型や小さめの逆三角形が人気、Iラインは全部脱毛する人と、ナチュラルに残す人が半々、Oは当然、みなさん全部脱毛というが主流のようです。

Iラインに関しては、やはり全部脱毛すると、生理の時などは特にとってもラクになり、すっきり快適に過ごせますが、いかにも「脱毛しました!」というような不自然な感じになってしまうのを避けるために、Vラインから自然にIラインに繋げて、徐々に毛の量をなくしていく人も多いようです。

VIOのシェービング方法

VIOのデザインを決めたら、毛が無くなって欲しい部分は全部剃っていきます。
しかし、全体的な毛の量を薄くするために、最初の2回程はVIOゾーン全体に照射を勧められる場合があります。
その場合は、VIOデザインに関わらず、全部剃ります。

VIOの自己処理は、はさみと電気シェーバーを使って行ってください。
剃刀だとどうしても、お肌に目に見えない傷をつけてしまいますので避けましょう。
はさみで全体のムダ毛を短くカットした上で、電気シェーバーを毛の流れに沿ってあてていきましょう!

剃る方向が、毛の流れに逆らう形になると、毛穴を傷つけてしまいますので注意してください。

背中の自己処理(シェービング)の方法は?

全身の中で、VIOに続いて、自己処理しにくいのが背中です。
普通のシェーバーだとなかなか手が届かないし、きちんと剃れているのかすら見にくいですよね。
気を遣わない家族に頼める場合はいいのですが、一人暮らしだったら、誰かに頼むこともできません。

脱毛サロンによっては、剃り残し部分は避けて施術するというところもあり「みんなどうやって処理しているんだろう」と思った人もいるのではないでしょうか。

背中の自己処理には、背中用のシェーバーがあるのをご存知でしたか?
背中・腰・肩に使えるRaviaラヴィアSラインシェーバーなどが人気のようです。

このシェーバーは、持ち手のところが折りたたみ式になっているので、普通のシェーバーでは届かなかった部分もラクに剃ることができます。

脱毛期間は長期に渡りますし、施術前の自己処理は必須ですので、こういった商品をひとつ持っていても良いかもしれません。

シェービングサービスのある脱毛サロン

剃り残しのシェービングサービスの有無は、脱毛サロンによって異なります。
どうしてもシェービングに自信がない・・・という人は、あらかじめシェービングサービスのある脱毛サロンを調べて、契約するのが良いでしょう。

人気脱毛サロンのシェービングサービスの有無についてまとめましたので、参考にしてみてください。

・脱毛ラボ 剃り残しに対応 1回1,000~1,500円
・エピレ  剃り残し箇所を避けて施術
・銀座カラー 剃り残し箇所を避けて施術
・ミュゼ  剃り残し箇所を避けて施術、VIOのみ剃り残しがあれば対応
・エタラビ VIO以外、剃り残しに対応

※全て2016年1月調べ

エピレに関しては、基本的にはシェービングサービス無しですが、若干の剃り残しがあった場合に「今日シェーバーお持ちですか?」と聞かれたことがありますので、店舗やスタッフにもよるのでしょうが、多少の剃り残しであれば、シェーバー持参に限り、対応してくれるようです。

シェービングサービスのない脱毛サロンでも、念のため、施術当日にはシェーバーを持参していくといいかもしれません。

全身脱毛とシェービング「まとめ」

全身脱毛で施術前のシェービングについての注意点について見てきましたが、いかがでしたか?

自分のお肌の状態に合わせて、前日に行うか、前々日に行うか、調整してくださいね。
普段から保湿を心がけ、万が一、シェービング後に赤みやかゆみが出てしまった場合は、しっかり冷やすようにしましょう!

全身脱毛は高額な買い物です。

「赤みや剃り残しで、施術してもらえなかった・・・」といったことのないように、1回1回の施術をムダにしないためにも、自己処理はしっかり行っていきましょう!

このページの先頭へ