全身脱毛は何歳からできる?子供もOK?

全身脱毛は何歳からできる?子供もOK?
最近では、子供の身体の発育が早くなったせいか、脱毛に通わせる親も増えているようです。
一昔前までは、脱毛は今ほどポピュラーでもなかったし、なによりも高額だったため、子供が脱毛サロンに通うなんてあり得ない話でしたが、今は月額制のサロンもあるため、お稽古感覚ではじめることが可能です。

実際、成長の差はあっても、子供とは言え、ある程度の年齢になったらムダ毛は気になりだすものです。

男女一緒のプールや体育で、肌の露出は避けることができないため、本人が他の子より毛深いことを気にしていたり、万が一、そのことでクラスメイトから突っ込まれるようなことがあれば、心に深い傷が残ってしまうでしょう。

うちの子、ちょっと毛深いかも・・・と思っているお母さんは、子供の全身脱毛について、一度検討してみてもいいかもしれません。

今回は、脱毛サロンでの子供の全身脱毛についてまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

子供が全身脱毛するワケ

パパママの世代は、子供が全身脱毛なんて・・・と思っている人がほとんどではないでしょうか。

実際に、社会人になるまでは、剃刀などで自己処理を続けて、社会人になってからまとまったお金で脱毛サロンへ通ったというパターンが多いと思います。
しかし、現代っ子は成長が早いと言われています。

お洒落に目覚めると同時期に、ムダ毛で悩み始めるのも早まっているようです。
そのため、脱毛の需要も増えて、現在脱毛サロンでは、親の同意書さえあれば、子供の脱毛にも対応できるようにしたり、子供の脱毛メニューを用意しているところもあるほどです。

子供の全身脱毛、何歳からOK?

子供でも脱毛可能とは言え、いったい何歳からはじめられるのでしょうか。
また、親としては、子供のお肌を傷めたりしないかという点もとっても心配ですよね。
そこで子供の脱毛が可能なサロンに関して、全身脱毛の開始可能時期を調べてみましたのでご覧ください。

まずは子供用の脱毛メニューがあるサロンです。

▼エピレ キッズ脱毛 7歳以上
初回限定 19部位から選べる2箇所脱毛プラン600円
鼻下やヒザ下など、19部位の中から2箇所を選べます。
コースに満足しなければ、料金は全額返金されるので安心です。

▼ディオーネ ハイパースキン法 3歳以上
ママの無料お試しショットもあり、体験脱毛も7,560円で可能。
ディオーネの全身脱毛コースは、開始する年齢が早ければ早いほど安く設定されています。
開始時期が3歳と12歳では、料金差は2倍にもなるので、早目がお勧めです。

※いずれのデータも2015年12月調べ

特に子供用のメニューはないものの、18歳以下の子供の脱毛に対応しているサロンはこちらです。

▼脱毛ラボ 生理が来て2年以上経っているほうが効果があるとのこと。
親権者の同席、もしくは同意書が必要。同意書は公式サイトよりダウンロード可能。

▼ジェイエステティック 15歳以上
高校生の施術に関しては、親権者の承諾・同席が必要。

▼ミュゼプラチナム 生理が順調にきていることが条件
未成年者の場合は、保護者の同意書が必要。

※いずれのデータも2015年12月調べ

いずれの脱毛サロンでも、未成年の子供の脱毛施術に関しては、親の同意書が必要で、サロンによっては同席しなければ施術不可のところもありますので、事前に調べていくことをお勧めします。

脱毛可能な年齢に差があるのはなぜ?

上で見ていただいた子供の脱毛メニューのあるディオーネとエピレに関して、ディオーネは3歳から、エピレは7歳から脱毛可能となっていますが、なぜこのような開きがあるのでしょうか。

これは、使用する脱毛マシンの特質のようです。
エピレはSSC脱毛方式、ディオーネはハイパースキン脱毛方式です。
SSC脱毛は、今生えている活動中の毛に働きかけるものですが、ハイパースキン脱毛は、お肌表面には生えていない休止期の毛にも働きかけるため、本格的に毛が生えそろう前でも施術ができます。

しかも、低温で処理をするため、やけどの心配がないどころか、肌への負担も少なく、痛みもほぼありません。

ディオーネは大人の脱毛でも、アトピー肌や敏感肌でも安心して施術を受けることができるのを売りにしているだけのことはあると言えますが、デメリットとしては、SSC脱毛に比べると価格が高くなってしまうという点です。

子供の脱毛で、万が一やけどの跡が残ってしまったりするリスクは絶対に避けたいですよね。
脱毛サロン選びは価格だけで決めずに、体験などへ必ず行かれることをお勧めします。

子供の全身脱毛の注意点

子供の全身脱毛、お肌の痛みややけど以外に何か気をつけなければいけないことはあるのでしょうか?

基本的には大人の脱毛と同じケアで大丈夫なのですが、大きく違う点は、子供の脱毛の場合、再び毛が生えてくるする可能性が若干高いようです。

子供のお肌はデリケートなため、医療レーザーはお勧めしませんが、たとえ効果の高い医療レーザーを使って脱毛をしたとしても、小学生や中学生の子供は成長期にあるため、いったん完全に脱毛を完了させても、また生えてくることがあるというのは理解しておく必要があります。

そのため、子供の脱毛は、完全に毛を無くしてツルツルにすることよりも、毛を薄くして目立たない程度にしていくことを目標にしたほうが良いでしょう。

子供の全身脱毛「まとめ」

子供の全身脱毛に関して、お分かりいただけましたか?
あまりにも毛深くて、子供が悩んでいるのであれば、一度脱毛サロンへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

子供のお肌はデリケートなので、値段が安いから、と安易にサロンを決めるのではなく、実際に体験などを受けてみて、決められることをお勧めします。

大人のようにツルツルにしてあげたい!と思っても、再び毛が生えてくる可能性が大人よりも高いという事実も否めませんし、意外と子供自身は、周りの子たちと同じくらいになれば十分、と思っていることもあります。

必要以上に深刻になったり、神経質にならず、しっかりと子供と相談してみてください。
また子供の場合、学校のプールや体育の授業があるため、脱毛期間中の日焼け対策には大人以上に十分な注意を払うことが大切です。

このページの先頭へ